1/14

「アイウェアリゾート」というコンセプトを持った中目黒の眼鏡店の内装計画。

撮影所のバックペーパーのような曲面のディスプレイ棚によって自然光や照明の光が回り込み、眼鏡が浮かび上がる設えとした。棚は厚さ2.3mmの鉄板を曲げて作っており、それによって強度を出し、磁石によってテープライトやポップを付けることができる。増設も可能でレイアウトを大きく変更できるように、壁面に引っ掛けて取り外し可能な設えとしている。棚の曲率や奥行は自然光による明るさとテープライトが外から見えるかどうかを3Dやモックアップでシミュレーションし決定している。ファサード側のディスプレイはおおよそどの季節でも夕方まで自然光のみで運営可能となっている。棚の脇には鏡を設け、入り口や外から見ると眼鏡がどこまでも続くような風景を作り出している。通りからはあえて眼鏡の存在を抑えることで、内部での眼鏡の連続する風景とのギャップによって「リゾート」という別世界の体験を目指している。壁塗装や什器は施主による施工で、全体的なラフさと棚の抽象度が対比的な関係を生んでいる。

​中目黒の眼鏡店 WONDEROUS

Optician in Nakameguro WONDEROUS

用途:物販店舗

専有面積:32 ㎡

階数:1階 (3階建て中)

施工:月造、施主施工 (什器,壁塗装)

​照明計画:杉尾篤照明設計事務所

写真:長谷川健太

principal use:shop
total floor area:32 ㎡ 
number of stories:1st floor / 3 stories

construction:Tsukizo , client

lighting design:Atsushi Sugio lighting design office

photo:kenta hasegawa