This project involved redesigning one dwelling unit of condominium in Osaka, Japan.

Requests from clients were “widely and brightly expansive space” and “amount of storage that is twice as large as general house”, when we started design. Although these are at first somewhat contradictory, requests that everyone wants. For responding such requests in limited occupied area and ceiling height of building skeleton, we focused to three elements usually working behind the space.

1_"air volume of cavity":

The cavity generally made by raising with substrate materials on the skeleton equally. As it doesn’t allocate necessary amount to necessary part, a loss of air volume is high.

2_"the volume of the storage":

The occupancy rate of the space is high also built-in storage space such as closet, storage furniture that is increasing later.

3_"RC rigid-frame structure":

The pillars and beams that are projecting from the wall or ceiling surface tend to get in the way of interior planning.

We tried to convert value by integrating these elements treated as if they do not exist in the space composition, making large pillar form / beam form. This pillar form / beam form expands the space of the dwelling unit maximally, encloses a large quantity of objects and facilities, creates a living space with three-dimensional spread and constriction as folds, becomes the beginning or trigger of the start of whereabouts and behaviors of residents, furniture layout. By arranging a tough kitchen box with bricks, and a clean and bright water section box in there, the dwelling unit is composed. These autonomous objects are not merely interior finish depending on building, but as a entity closer to a person, it becomes a base that brings about comfortableness and peace of mind.

1/18

大阪の繁華街から少し離れた地域にある分譲マンションの改修計画。

新婚の施主夫婦はともにこの界隈で生まれ育った所謂地元民同士。

新居から徒歩圏内にお互いの実家があり、頻繁に行き来することが予想され、そこには各々一人になれる個室が残り、1住宅で全てが完結しない母屋と離れのような住まい方がイメージされた。そこで、実家にはない広い空間と日常の雑多な物を押し込んで隠すスペースをつくり、親兄弟や地元の友人が気軽に集えるようにし、同時にその中でも新婚夫婦が居場所の位置づけを自分たちで行っていけるような新しい住まいをつくれないかと考えた。

そんな広く大らかな離れを限られた専有面積と躯体天井高の中で実現するために、普段裏方である3つの事物に手がかりを求めた。

1.懐の気積:おおよそ躯体に対して各面で均等に嵩上げされてつくられるので気積のロスが多い。

2.収納の体積:造り付けの押入やクローゼット、後々増えていく収納家具の体積も空間の占有率は高い。

3.既存躯体の柱梁:壁面や天井面から顔を出している柱梁は内装計画上邪魔になりがちである。

空間構成においてまるで存在しないように扱われるこれらの要素を集約・統合し、大きな柱型/梁型をつくり、価値の転換を試みた。

この柱型/梁型は住戸内の広さを最大化し、大量の物と設備を内包しながら、襞となって立体的に広がりやくびれを持った居住空間をつくり、住まい手のよりしろ・家具を置くきっかけとなる。そこにレンガ積みのタフなキッチンボックスや、清潔で明るい水回りボリュームを配置して住戸内を構成している。これらの自立したオブジェクトは建築に従属する単なる内装・仕上げではなく、より人との距離感が近い、居心地や安心感をもたらす存在として住まいを彩る。住戸内を覆う収納は読書をしたい場所には本を、音楽を聴きたい場所にはCDを仕舞う、といったラフな整理を許容する。襞という環境と物を仕舞うという行為が合わさって居場所の位置づけが行われ、この離れはどんどん耕されていく。

入居後、ふとしたタイミングで親兄弟や友人が来訪するが、収納の巨大さと近さゆえに普段通りの暮らしの中でも物がちゃんと片付けられており、いつ来ても良い雰囲気が漂っている。1住宅に1家族という慣習を超え、血族や地域とのつながりを感じる新しい日常がこの場から生まれている。

「大阪の住まい力アップ 第4回リフォーム・リノベーションコンクール」優秀賞
「第4回家づくり大賞 家づくりの会選考部門」片付く収納部門賞
柱型 / 梁型

Pillar form / Beam form

principal use:private residence
total floor area:62 ㎡
number of stories:1st floor / 15 stories
structure:RC rigid frame structure

construction:wides construct office

photo:kenta hasegawa

用途:専用住戸

専有面積:62㎡

階数:1階 (15階建て中)

構造:RCラーメン構造

施工:ワイズコンストラクトオフィス

写真:長谷川健太