1/19

黄金町バザール2016における黄金町まちプロジェクトの一環として、元違法風俗店舗、通称ちょんの間をアーティストのアトリエへと改修する計画。 

「黄金町バザール」は、神奈川県横浜市中区の黄金町一帯で、アートによる街の再生を目指して2008年より開催されているアートフェスティバルである。そのため、黄金町はそこかしこにアートがあり、街自体が展示空間となっている。私たちは既存建築の細長い空間に対して切り込みを入れ、奥行を持った斜めのファサードをつくることを考えた。切れ込みは街と共にあるような場所となり、周囲の建築と異なる軸を持つことによって、道行く人がついつい引き込まれてしまうアトリエ兼展示スペースとなる。ちょんの間の空間形式によって街から活動が隠された状態を、切れ込みによって街へと活動が開かれた状態へと転換している。

JCDデザインアワード2017 銀賞・新人賞・五十嵐太郎賞・Horace Pan賞・森田恭通賞

This project involved redesigning the former illegal sex shop (common name is “Chonnoma”) to the artist in residence as part of “Koganecho Bazaar 2016”

“Koganecho Bazaar” is an art festival held every year since 2008, in Koganecho area of ​​Yokohama, Kanagawa prefecture. Therefore, Koganecho has art everywhere, the town itself is the exhibition space. We thought to cut into the long and narrow space of the existing building and to create oblique facade with depth from frontal road. CUT is continuous with the town, and it becomes an exhibition space where people going around are pulled in by having a different axis from the surrounding building. We converted from negative situation with activity hidden from town by spatial form of “Chonnoma” to positive situation with activity opened to town by CUT.

黄金町の切込

Cut in Koganecho

用途:アトリエ / ギャラリー

延床面積:20 ㎡

階数:2階

構造:木造

施工:安斉工務店

​アート:ラファエル・リマ・イトウ

​写真:長谷川健太

principal use:studio + gallery
total floor area:20 ㎡
number of stories:2 stories
structure:wood

construction:Anzai Koumuten

art:Rafael Lima Itoh

photo:kenta hasegawa